吹雪に備える

 アクトジャパンはあなたとあなたの車を吹雪く冬の安全対策をアドバイスします。冬が来て、天気の変化に備えて車を準備する時期かもしれません。アクトジャパンは、チェックする必要があるものの概要を提供します。自分で確認できるものもあれば、専門家の意見を聞く必要があるものもあります。

 安全を確保し、あなたの車の余分な摩耗を避けるために、以下のヒントに従うことをお勧めします。

 

安全第一

 最悪の事態に備えて、運転中は常に反射ベスト、毛布、三角表示板、懐中電灯、シャベル、携帯電話、手袋、フロントガラスのアイススクレーパー、牽引ロープ、ジャンプリードを車に搭載することをお勧めします。冬。これは、雪が運転に影響を与える可能性がある長距離の旅行では特に重要です。

プロのウィンターチェック

 冬の天候はいくつかの方法であなたの車に影響を与えるかもしれません、そしてあなたの車の損傷を防ぐためにあなたは専門家の助けを得る必要があるかもしれません。冬用タイヤ、アンダーシール、ペイントシーラント、オイル交換、バッテリーのチェックは、自分ではできないことかもしれませんが、それでも冬に耐える車には不可欠なものかもしれません。

 

 冬の余分な水と塩は、塗装が錆や腐食の攻撃にさらされ良好な状態を保つことが困難になります。さらに、低温はバッテリーの電圧を失う可能性があります。

タイヤとホイール

 ドライブが長くなると、車のタイヤに影響します。車のタイヤが摩耗している場合、またはホイールの位置が合っていない場合は、タイヤやホイールを修理する時期かどうかを整備士に確認する必要があります。何らかの理由で、タイヤの角度が歪んでいる場合、または車のタイヤトラッキングのバランスが崩れている場合は、次のことが起こります。

 

  • これにより、車のステアリングが適切に機能しないため、運転の不確実性が高まります。
  • タイヤの一部を他の部分よりも多く摩耗し、短期的にはバランス調整が必要になります。長期的には新しいタイヤを早く購入する必要があります。
  • 燃費が悪化するため、ガソリンにもっとお金をかける必要があります。その後、環境は時間の経過とともにより影響を受けます

あなたは自分で何ができますか?

  • 冬用タイヤ:タイヤは、1.6mm以上のトレッド深さを持っている必要がありますが、少なくとも3.5mmのトレッド深さをお勧めします。
  • 1.6mm未満は、違法で危険な可能性のあるタイヤです。タイヤが違法であるため、できるだけ早くタイヤを交換する必要があります。
  • ラジエータークーラントとフロントガラスの洗浄が霜に強いことを確認してください。これは、ストローにサンプルを取り、冷凍庫に一晩保管することで確認できます。液体が凍結している場合は、必ず霜防止バージョンに切り替える必要があります。
  • ウォッシャーノズル:みぞれ、雨、雪の中で、フロントガラスは余分な汚れや砂にさらされます。ウォッシャーノズルは、幸いなことにこれらは簡単に掃除できます。小さなピンを使用してそれらを掃除し、スプレーがフロントガラスに正しくあり、隣の車にスプレーしていないことを確認してください!

私達がお手伝いします

 アクトジャパンは創業以来100年。創業期から1980年代後半までヤナセの協力工場として醸成されたスキルとマインドを基本に現在はハイブリッド車の整備とメンテナンスに注力している整備工場です。

 

ご安心ください

 アクトジャパンなら詳しい整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。

 

 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。

 


アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!