劣化したタイロッドエンドの6つの症状
車両が動いているときのきしみやきしみ音は、望ましくない金属同士の接触を示している可能性があります。 車両の運転中、特にコーナー付近で甲高いきしみ音がする場合は、タイロッド エンドのラバー ブーツにひびが入り、潤滑が失われていることを示している可能性があります。 車のフロントエンドからもガタガタとガタガタと音がします。 異音はタイ ロッド エンドの故障を直接的に意味するものではないため、他の症状がないかどうかを確認する必要があります。アクトジャパンではトヨタ・ニッサン・ホンダ・ミツビシ・マツダ・スズキ・ダイハツ・スバル・ベンツ・BMW・VW・VOLVO・アウディ・FIAT・JEEP・カングー・プジョーを中心に整備しています。

エンジン警告灯が点滅し、車が揺れている6つの理由
エンジン警告灯が点滅し、クルマが揺れる6つの理由について。車両のエンジン警告灯が現在点滅していて、顕著な揺れを伴う場合は、安全な目的地に到達するために必要以上に運転しないことをお勧めします。 前述のように、この性質の症状は、ほとんどの場合、エンジンの失火または 1 つまたは複数のシリンダーの部分的または完全な燃焼損失に関連しています。 これは、その後のパフォーマンスの低下を示すだけでなく、失火自体が修正されない場合、将来発生する可能性のある多くの二次的な問題を予見することがよくあります。そのような例の 1 つは、車の触媒コンバーターの損傷です。この損傷は、一般的にスパークが不足しているため、エンジンの排気ガスに過剰な燃料が導入されるたびに発生する傾向があります。いずれにせよ、車両の失火状態の根本原因を徹底的に診断し、早く修理しましょう。対象はトヨタ・ニッサン・ホンダ・ミツビシ・マツダ・スズキ・ダイハツ・スバル・ベンツ・BMW・VW・VOLVO・アウディ・FIAT・JEEP・カングー・プジョー

悪いスタビライザーまたはリンクの 3 つの症状
車や軽トラックのスタビライザー (またはバー) の機能について説明します。この部品について聞いたことがあるかもしれない他の用語には、スタビライザーバー、アンチスウェイバー、アンチロールバーなどがあります。

イグニッションスイッチの交換
イグニッションスイッチの故障により、車が始動しない可能性があります。これは、車がクランキングしてもエンジンが始動しない場合です。また、クランキングがまったく発生せず、車が始動しようとしているという実際の兆候がない可能性もあります。この場合、不足しているのは点火スパークです。これには、イグニッションスイッチのメンテナンスが必要です。スイッチを修理できない場合は、車両にイグニッションスイッチを交換する必要があります。

オイルパンガスケットの交換
オイルパンガスケットの交換が必要であることを示す症状  モーターオイルが減っている状態。時間の経過とともに走行距離が増えると、すべてのエンジンでオイル漏れが発生します。通常、オイルパンガスケットは最初に発生する症状の1つです。熱と経年によりガスケットが乾燥して脆くなり、エンジンの振動とクランクケースガスが内側から押し出されると、オイルが染み出すための亀裂や穴ができます。これらのリークが予想されます。

ブレーキ踏んでキャーキャー泣いたら危険信号
ブレーキキャリパーの交換が必要であることを示す症状 ブレーキフルードの漏れ ブレーキペダルが柔らかく感じる 停止時の高音 車が左または右に引っ張る ブレーキキャリパーの交換が必要かどうかを確認する主な方法はホイールを取り外すことです。 ブレーキキャリパーの交換方法は?  ホイールと古いキャリパーを取り外した後、特別なツールを使用してピストンを新しいキャリパーに完全に圧縮します。ブレーキラインが新しいキャリパーに取り付けられ、新しいブレーキパッドが取り付けられると、ブレーキホースの締め付けを含め、すべてがしっかりと固定されていることを確認します。

ラジエター点検を見落すと命取り
冷却システムの排水と充填が必要であることを示す症状 車両下のクーラントプーリング 温度計は通常と高温の間で変動します 不凍液/クーラントの目に見える錆とスケーリング ボンネットの下から出る蒸気または熱いメープルシロップのような匂い エンジンエリアからの研削音

イグニッションワイヤーセットの交換
スパークプラグのワイヤーが古くなると、抵抗が生じ、以前のように電気パルスが伝達されなくなります。これは主に、接触腐食、およびワイヤの絶縁コーティングまたはジャケットの劣化が原因です。点火ワイヤーの絶縁コーティングにひびが入ったり破れたりすると、電気パルスがエンジンの他の部分にアークを発生させ、失火の原因となる可能性があります。

ホンダオデッセイ オルタネーター故障の警告サイン
ホンダオデッセイは、今日すべてのミニバンから最高レベルの安全性とクチコミのレビューを獲得しています。それでも、オルタネーターの故障など、すぐに修理が必要な機械的な問題が発生する可能性があります。  オデッセイの所有者として、エンジンのオルタネーターが故障している可能性があるかどうかを見分ける方法を知る方法があります。故障したオルタネーターの警告サインを知ることにより、迅速な診断と交換を行うことができます。

ダッシュボード警告灯
ダッシュボードの警告灯が非常に多いため、「この警告灯はどういう意味ですか?」は、ドライバーが普遍的に尋ねる質問であり、ステアリングホイールの後ろに予告なしに表示される、新しく照らされたアイコンが何であるかがほとんどまたはまったくわかりません。 「私は今何をしますか?」おそらくフォローアップの質問です。 このガイドでは、最も一般的に認識されている6つのダッシュボード警告灯、それらの意味、およびそれらを見つけたときの対処方法について説明します。

さらに表示する

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!