イグニッションスイッチの交換
イグニッションスイッチの故障により、車が始動しない可能性があります。これは、車がクランキングしてもエンジンが始動しない場合です。また、クランキングがまったく発生せず、車が始動しようとしているという実際の兆候がない可能性もあります。この場合、不足しているのは点火スパークです。これには、イグニッションスイッチのメンテナンスが必要です。スイッチを修理できない場合は、車両にイグニッションスイッチを交換する必要があります。

オイルパンガスケットの交換
オイルパンガスケットの交換が必要であることを示す症状  モーターオイルが減っている状態。時間の経過とともに走行距離が増えると、すべてのエンジンでオイル漏れが発生します。通常、オイルパンガスケットは最初に発生する症状の1つです。熱と経年によりガスケットが乾燥して脆くなり、エンジンの振動とクランクケースガスが内側から押し出されると、オイルが染み出すための亀裂や穴ができます。これらのリークが予想されます。

ブレーキ踏んでキャーキャー泣いたら危険信号
ブレーキキャリパーの交換が必要であることを示す症状 ブレーキフルードの漏れ ブレーキペダルが柔らかく感じる 停止時の高音 車が左または右に引っ張る ブレーキキャリパーの交換が必要かどうかを確認する主な方法はホイールを取り外すことです。 ブレーキキャリパーの交換方法は?  ホイールと古いキャリパーを取り外した後、特別なツールを使用してピストンを新しいキャリパーに完全に圧縮します。ブレーキラインが新しいキャリパーに取り付けられ、新しいブレーキパッドが取り付けられると、ブレーキホースの締め付けを含め、すべてがしっかりと固定されていることを確認します。

ラジエター点検を見落すと命取り
冷却システムの排水と充填が必要であることを示す症状 車両下のクーラントプーリング 温度計は通常と高温の間で変動します 不凍液/クーラントの目に見える錆とスケーリング ボンネットの下から出る蒸気または熱いメープルシロップのような匂い エンジンエリアからの研削音

イグニッションワイヤーセットの交換
スパークプラグのワイヤーが古くなると、抵抗が生じ、以前のように電気パルスが伝達されなくなります。これは主に、接触腐食、およびワイヤの絶縁コーティングまたはジャケットの劣化が原因です。点火ワイヤーの絶縁コーティングにひびが入ったり破れたりすると、電気パルスがエンジンの他の部分にアークを発生させ、失火の原因となる可能性があります。

ホンダオデッセイ オルタネーター故障の警告サイン
ホンダオデッセイは、今日すべてのミニバンから最高レベルの安全性とクチコミのレビューを獲得しています。それでも、オルタネーターの故障など、すぐに修理が必要な機械的な問題が発生する可能性があります。  オデッセイの所有者として、エンジンのオルタネーターが故障している可能性があるかどうかを見分ける方法を知る方法があります。故障したオルタネーターの警告サインを知ることにより、迅速な診断と交換を行うことができます。

ダッシュボード警告灯
ダッシュボードの警告灯が非常に多いため、「この警告灯はどういう意味ですか?」は、ドライバーが普遍的に尋ねる質問であり、ステアリングホイールの後ろに予告なしに表示される、新しく照らされたアイコンが何であるかがほとんどまたはまったくわかりません。 「私は今何をしますか?」おそらくフォローアップの質問です。 このガイドでは、最も一般的に認識されている6つのダッシュボード警告灯、それらの意味、およびそれらを見つけたときの対処方法について説明します。

トヨタカムリ:エンジン警告灯の原因
トヨタカムリは、路上で最も耐久性と信頼性の高い車のブランドの1つであるという評判を長い間蓄積してきました。それでも、適切に保守または修理しないと、事故が発生しやすくなります。  カムリの所有者の間でよくある不満は、エンジン警告灯(チェックエンジンライト)が点灯する原因を中心に展開しています。熟練したアクトジャパンの整備士が、エンジン警告灯が点灯している理由と、問題に迅速に対処するために何をする必要があるかを説明します。

空燃比(A / F)センサー交換
空燃比センサーの問題 空燃比センサーの問題は一般的です。多くの場合、センサーが汚染されたり、単に故障したりします。一部の車では、センサー内部の発熱体が故障して故障の原因になっています。たとえば、多くのトヨタ車とホンダ車では、コードP0135は、センサー内の発熱体の故障が原因である可能性があります。この記事でA / Fセンサーがどのようにチェックされるかをご覧ください

中古車購入時のエンジンチェック方法
中古車を購入する場合、エンジンの問題は修理に費用がかかるため、エンジンの状態は非常に重要です。試乗時にエンジンの機械的状態を評価することは難しいため、契約書に署名する前に、資格のある整備士による中古車の適切な検査を受けることをお勧めします。中古車をチェックするときにエンジンの問題やメンテナンスの欠如の兆候を見つける方法に関するいくつかのヒントがあります。

さらに表示する