劣化したタイロッドエンドの6つの症状

タイロッドは、すべての車両の正確なステアリングに不可欠です。

 

タイロッドの機能は、サスペンションとステアリングシステムをいくつかのジョイントによって前輪に接続し、ステアリングホイールを回すと車輪が正確に回転するようにします。このようなシステムにより、ドライバーは最小限の力で車両を回転させることができます。

 

しかし、車両のすべてと同様に、タイロッド エンドは時間の経過とともに劣化します。また、バンプや悪路を定期的に運転すると、摩耗や損傷が早くなります。

 

このような状況では、数年以内にタイロッドエンドが故障する可能性がありますが、劣化したタイロッドエンドの症状は、さまざまな形で現れる可能性があります。

 

タイロッドエンドとは?

内側のタイロッドと外側のタイロッドで構成されるタイロッドは、前輪とステアリングホイールを連結します。

 

どちらも端にグリースを塗ったボールジョイントがあり、回転力がシステムを介して伝達されるようになっています。

 

外側のタイ ロッドの端はゴム製のブーツで保護されており、グリースの侵入と汚れの侵入を防ぎますが、このゴムは時間の経過とともに亀裂が生じ、水分がジョイント内に侵入して腐食を引き起こす可能性があります。

 

タイロッドエンドの不良症状

タイロッドエンドが悪いかどうかをどうやって知るのだろうか?

 

注意すべき非常に顕著な症状がいくつかあります。以下は、タイロッドエンドの不良の一般的な症状です。

 

#1 – ハンドルが振動または揺れる

タイロッドは、サスペンションのコンポーネントをしっかりとタイト(きつめ)に保ちます。

 

タイロッドエンドが劣化して緩むと、サスペンションの部品も緩み、走行中にハンドルに振動や揺れが発生します。

 

これらのハンドルの振動は、車が加速するときやコーナーを曲がるときに悪化します。

#2 – フロントエンドの配置が悪い

タイロッドは車両のフロントエンドの位置合わせを維持するのに役立ち、タイロッドエンドが損傷または摩耗すると、部品が緩みます。

 

これにより、フロントエンドの位置がずれ、トラッキングが不十分になります。 

 

この位置ずれは、車両を前方に向けると左または右に曲がり始めるため、運転中に気付きます。

 

これは、運転中にハンドルをまっすぐに向けた後、ハンドルから手を離すと簡単に確認できます。

 

適切に整備された車両は、まっすぐに走ります。 

 

 

#3 – ハンドルが緩い

タイロッドエンドが悪いと、ステアリングホイールが緩んだり、遊びが大きくなったりする可能性があります。

 

これは危険な状態であり、ステアリングが完全に失われる可能性があります。

 

ハンドルの緩みに気づいたら、すぐに自動車整備工場に車を持って行きましょう。

#4 - 異常音

車両が動いているときのきしみやきしみ音は、望ましくない金属同士の接触を示している可能性があります。

 

車両の運転中、特にコーナー付近で甲高いきしみ音がする場合は、タイロッド エンドのラバー ブーツにひびが入り、潤滑が失われていることを示している可能性があります。

 

車のフロントエンドからもガタガタとガタガタと音がします。

 

異音はタイ ロッド エンドの故障を直接的に意味するものではないため、他の症状がないかどうかを確認する必要があります。

#5 – タイヤの異常摩耗

タイヤの摩耗は正常に発生するもので、両側で均等になるはずです。

 

1 本または複数のタイヤの偏摩耗は、問題を示している可能性があります。

 

タイロッドが悪いと、タイヤの内側または外側のエッジがタイヤの残りの部分よりも早く摩耗します。 

 

タイヤの異常摩耗は、車両の前に立って前輪の内側と外側の端を見ることで確認できます。

 

不均一なタイヤの摩耗は、アライメントの不良、不適切なタイヤ空気圧、またはタイヤのバランスの悪さなど、他の原因にもなる ため、整備士に車を検査してもらうことをお勧めします。 

 

#6 – 車両が振動する

タイヤが偏摩耗すると、車両全体が振動し始めます。

 

これらの振動は加速とともに大きくなり、快適な運転が困難になります。

 

ただし、快適さはあなたの心配の中で最も少ないかもしれません.

 

車両の振動は、タイロッドのほぼ完全な故障によっても引き起こされる可能性があり、非常に危険な状況です。

 

この場合、タイヤが緩み、自然に揺れ、ハンドルを失いそうになる可能性があります。すぐに車両を修理してください。 

 

自分でタイロッドエンドを確認する

上記の症状に気付いた場合は、整備士に車両を点検してもらうことをお勧めします。 

 

ただし、まず前輪の側面をつかみ、一方の手で押しながらもう一方の手で引っ張って、車輪に遊びがあるかどうかを確認することで、タイ ロッドが緩んでいないかどうかを確認できます。

 

タイロッドをつかんで小刻みに動かして、緩みをチェックすることもできます。過度の可動性は異常であり、すぐに修理が必要になります。

 

愛車の不具合に対応するアクトジャパン

 我々は不良箇所を交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、最善の診断サービスを行うことができます。私たちの整備士は不具合箇所の知識が経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 

 

次の地域のいずれかに住んでいますか?

粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけ(カードクター)になれるかもしれません。 

  • 粕屋町 
  • 篠栗町 
  • 須恵町
  • 志免町
  • 久山町
  • 東区青葉
  • 東区土井
  • 東区八田
  • 東区蒲田
  • 東区名子
  • 東区みどりが丘 

私達がお手伝いします。

  創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づいて、プロの目でメンテナンス計画の優先順位をアドバイスさせて頂きます。これにより、最も現実的で費用効果の高いお薦め整備プランを提案することができます。私たちは愛車のかかりつけ(カードクター)としてオーナーに寄り添った整備を進めて参ります。

 

ご安心ください。

  アクトジャパンなら経験豊富な整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。

 

 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!