ヒーターコア交換

 

ヒーターコアの交換が必要であることを示す症状

  • 車内の温度はほとんどまたはまったく外気と変わりない。
  • クーラントレベルが低下しているか、エンジンが高温になっています。
  • ダッシュボードの下にクーラント漏れの兆候が見られます
  • 窓が曇る

 ヒーターコアは、走行中の車の機能や走行にとって重要ではない場合があります。しかし、それはあなたの運転を快適にすることになると重要な役割を果たします。

 

ヒーターコア交換の兆候

 

 ヒーターコアの交換は、デフロスターの稼働中にフロントガラスが曇った場合に行う必要のある重要なサービスの1つです。トラブルのもう1つの目に見える兆候は、通常、ヒーターコアが配置されている車両の助手席側にある湿ったカーペットです。正常に動作している場合、ヒーターコアはキャビンに熱を送ります。漏れた場合は交換が必要です!

 

 車内のコアの位置に応じて、原状回復を成し遂げるのは簡単なものから難しいものまでさまざまです。迅速で信頼性の高いヒーターコア交換サービスが必要な場合は、アクトジャパンの診断整備を予約してください。

 

ヒーターコアの役割

 

 ヒーターコアは、エンジンの上部から高温の冷却液を受け取る小さなラジエーターです。エンジンのウォーターポンプは、メインラジエーターからエンジンに冷却液を循環させ、その高温の冷却液の一部をヒーターコアに押し込みます。高温のクーラントはヒーターコアを通って流れ、2番目のヒーターホースを通ってウォーターポンプに戻ります。ブロワーファンが作動していると、ヒーターコアは外気温より25度から30度°高くなる可能性があり、最大30度の室内温度になります。

 

ヒーターコアの交換手順

  1. 車両のバッテリーを外し、ステアリングホイールを取り外します。
  2. キックパネル、ヒューズボックス、スピーカーからすべての外部ドアとケーシングを取り外します。
  3. ゲージ、ラジオ、スピーカー、グローブボックス、その他の付属品をすべて取り外します。
  4. エアコンのコントロールパネルを外します。
  5. 車のダッシュボードのボルトを外し、慎重に取り外します。
  6. 2つのヒーターホースを特定して取り外します。
  7. エアダクトおよびその他のコンポーネントをヒーターのケーシング/ハウジングから離します。
  8. 最後に、ヒーターコアをケーシング/ハウジングから取り外します。
  9. ヒーターコア自体に自由にアクセスできるように、留め具やネジをすべて取り外します。古いヒーターコアを取り出し、交換品を挿入して固定するだけです。

おすすめ事項

 

 意図したとおりに機能しないことに加えて、ヒーターコアの漏れは混乱を引き起こします。液体は冷却液であり、クーラント液とも呼ばれ、車に損傷を与える可能性があります。エチレングリコール、メタノール、プロピレングリコールは主成分の1つであり、すぐに治療しないと深刻な症状を引き起こす可能性がありますので取り扱いには注意が必要です。

 

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!