パーキングブレーキケーブル交換

パーキングブレーキケーブルの交換が必要であることを示す症状

  • パーキングブレーキ警告灯が点灯しています。
  • パーキングブレーキは傾斜のある道路で車を止めておくことが出来ません。
  • パーキングブレーキが解除されません。

 パーキングブレーキケーブルは、ブレーキの機械的コントロールアセンブリに関連し接続されています。車を傾斜面で静止させておくには、パーキングブレーキが機能している必要があります。パーキングブレーキシステムは、補助ブレーキシステムとしてすべての車両に取り付けられています。

 補助ブレーキシステムの主な役割は、使用していないときに車両を静止状態に保つことです。車両を駐車して放置する場合は、車両を静止させておく手段としてパーキングブレーキをかけることをお勧めします。これは、離れているときに丘を滑り降りるのではなく、車両を置いたままにしておきたい丘や傾斜地に駐車する場合に最適です。

パーキングブレーキケーブル交換の背景、影響とは

 パーキングブレーキケーブルは、パーキングブレーキレバーをパーキングブレーキシューに接続する細いスチールケーブルです。車の下側にあります。レバーを引くと、このケーブルがパーキングブレーキシューをローターまたはドラムに押し付け、摩擦を発生させて車が転がらないようにします。ブレーキペダルを使用するのと同じですが、この場合、ブレーキフルードの代わりにパーキングブレーキケーブルを使用して圧力をかけています。時間の経過とともに、ケーブルが錆びて破損する可能性があります。パーキングブレーキケーブルが断線していると、パーキングブレーキがかかっていても車は止まらずに転がります。

パーキングブレーキケーブルの交換方法

  1. ジャッキアップして車をサポート
  2. リア接続からブレーキケーブルを取り外します
  3. パーキングブレーキペダルアセンブリからケーブルを取り外します
  4. 新しいケーブルを取り付けます
  5. ケーブルの前端を本体の穴に挿入して押します。
  6. 新しいケーブルをペダルアセンブリの溝にスライドさせ、しっかりと固定します。
  7. 移動しながらケーブルからたるみを引き出し、前に取り外したすべてのクリップとクランプを再度固定します。
  8. ワイヤーカッターを使用して、ケーブルをぴんと張って引っ張り、後部接続にスライドさせます。
  9. たるみが非常に少なくなるようにケーブルを調整します。
  10. パーキングブレーキペダルを踏んで張力を確認します。必要に応じて再調整します。
  11. ジャッキスタンドと下部車両を取り外します。
  12. ツールを掃除して片付けます。

おすすめ事項

 車を駐車するときは、必ずパーキングブレーキをかけてください。これにより、パーキングブレーキが適切に調整されます。アクトジャパンの整備技術者は、ブレーキサービスのたびにパーキングブレーキケーブルを検査します。また、錆の蓄積を防ぐために、ケーブルに錆止め剤を定期的にスプレーしています。

 

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!