パーキングブレーキスイッチ交換

パーキングブレーキスイッチの交換が必要であることを示す症状

  • 緊急ブレーキをかけるとダッシュライトが断続的に点灯する
  • パーキングブレーキがかかっていない間、ダッシュライトは点灯したままです
  • 緊急ブレーキをかけているときにダッシュライトが点灯しない

パーキングブレーキスイッチ交換の背景、影響

 車両のパーキングブレーキをかけたが、ダッシュボードのライトが点灯しない場合は、パーキングブレーキのライトスイッチが壊れている可能性があります。ステップオンパーキングブレーキを使用している場合、このスイッチはダッシュボードの下にあります。一方、ハンドスタイルのパーキングブレーキを使用している場合は、このスイッチはセンターコンソールアセンブリの下にあります。

 この特定のコンポーネントは、パーキングブレーキをオンまたはオフにすると、ダッシュボードのライトに信号を送ってオンまたはオフにするコンポーネントです。車の他のコンポーネントと同じように、この車の部品は何年も使い続けると最終的には摩耗します。これは、熱や湿気などの損傷の原因となる要素への絶え間ない曝露、または汚れの蓄積によって引き起こされる可能性があります。

 パーキングブレーキスイッチの故障は、多くの問題を引き起こす可能性があります。スイッチが悪い場合、ブレーキライトは作動せず、トランスミッションシフターはパークポジションから外れません。プッシュボタンスタートシステムを搭載した車では、ブレーキスイッチに欠陥があると車両が始動しない可能性があります。パーキングブレーキライトスイッチを自分で交換する場合は、アクトジャパンの自動車整備士に予約して車両を固定するのが最善の方法です。

 これにより、作業が簡単になります。決して妥協せず、信頼できる会社から専門的なサービスを受けてください。あなたができる最善のことは、車両を固定するために当社の自動車整備士に予約することです。

パーキングブレーキスイッチ交換の必要性

 パーキングブレーキスイッチは、ブレーキペダル機構に取り付けられた小さな装置です。その小さなサイズにもかかわらず、ブレーキライトスイッチは現代の車で重要な役割を果たしています。プッシュボタンスタート、アンチロックブレーキ、車両安定性制御などの多くの車両システムは、ブレーキスイッチが適切に機能していないと動作できません。  

 ブレーキスイッチは2つの主要な機能を果たします。まず、ドライバーがブレーキペダルを踏むとブレーキランプが点灯します。次に、ブレーキがかかっていることを示す信号を車両のコンピュータに送信します。ブレーキライトスイッチが故障している車は安全に運転できません。

パーキングブレーキスイッチの交換方法

  1. パーキングブレーキスイッチを見つけます。フットスタイルのパーキングブレーキを使用している場合、スイッチはレバーの上または後ろに取り付けられたダッシュボードの下にあります。
  2. ハンドスタイルのパーキングブレーキの場合のみ、センターコンソールを取り外してパーキングブレーキレバーとスイッチにアクセスします。
  3. パーキングブレーキスイッチへの電気コネクタを外します。
  4. スイッチをブレーキレバーから外すか、取り付け位置からボルトを外します。取り外しと逆の手順で取り付けてください。

おすすめ事項

 パーキングブレーキスイッチは、車両の重要な安全コンポーネントです。通知がなくても運転が妨げられることはありませんが、意図せずにパーキングブレーキをかけたまま運転すると、ブレーキがすぐに摩耗してしまいます。できるだけ早く、専門の整備士にスイッチまたはライトの修理を依頼してください。

緑の看板が目印です!

Google マップは現在の Cookie 設定では表示されません。「コンテンツを見る」を選択し、Google マップの Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google マップの[プライバシーポリシー]をご確認ください。Cookie の利用は、[Cookie 設定]からいつでも変更できます。