バッキングプレート交換

バッキングプレートの交換が必要であることを示す症状

  • 車両ダッシュボードの摩耗インジケーター警告灯表示
  • ブレーキング時の高音
  • ブレーキング時に車両が引っ張られたり、ふらついたりりします。

 バッキングプレートの機能は、ブレーキシステムを一緒に保持して適切に機能させることです。ドラムブレーキシステムでは、各ホイールに2つの湾曲したブレーキシューが固定バッキングプレートに取り付けられています。ブレーキシューは文字Cのような形をしており、外側のカーブに摩擦材が付いています。

 それらはブレーキプレートのいずれかの側に取り付けられています。このアセンブリーは、ホイールと一緒に回転する鋳鉄製のドラムの内側に取り付けられています。

バッキングプレートの交換の背景

 バッキングプレートは、ドラムブレーキの強固な基盤として機能する金属プレートです。これらのプレートはスチール製で、ホイールシリンダーが取り付けられており、ブレーキシューが取り付けられています。これらの金属製のバッキングプレートがなければ、取り付けられているすべてのブレーキハードウェアは何もつかむことができません。

バッキングプレートの交換方法

  1. 車両を持ち上げたときに転がったり傾いたりしないように、車両がしっかりした水平面に駐車していることを確認してください。
  2. 作業を開始する前に、安全のために両側のジャッキスタンドで車両を固定してください。
  3. ホイールを左または右に回して、バッキングプレートに完全にアクセスします。
  4. 振動や騒音の原因となる亀裂や、可動部品をこすって騒音を引き起こす可能性のある曲がりがないか、プレートを検査します。
  5. ハブ背面の取り付けボルトを緩めてプレートを取り外します。
  6. 新しいバッキングプレートと交換してください。
  7. 取り付けボルトを締めて、バッキングプレートを所定の位置に固定します。
  8. 車両のロードテストを行って修理を確認します。

おすすめ事項

季節ごとのメンテナンスで定期的に車両をチェックしてください。あなたは惰性で知らず知らずのうちにだんだんブレーキの効きが弱くなっていくブレーキング動作に慣れているかもしれません、しかしアクトジャパンの整備技術者はあなたの車がはるかに良くすることができるかどうか、あなたに知らせることができます。今日サービスの予約をしてください!

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!