ディストリビューター交換

うんともすんとも、、始動しない原因とは

ディストリビューターの交換が必要であることを示す症状 

  • エンジンライトが点灯することを確認してください
  • エンジンの失火
  • 過度または異常なエンジンノイズ
  • 車が始動しない

 

ディストリビューター交換の際に注意しておくこと

 

 ディストリビューターをテストのために取り外してから再取り付けする場合は、新しいOリングが取り付けられていることを確認してください。古いOリングを再利用すると、オイル漏れが発生することがよくあります。ディストリビューターを交換する際に、スパークプラグとスパークプラグワイヤーの走行距離がかなり長い場合、新しいディストリビューターを取り付けると同時にこれらのコンポーネントを交換すると、最良の結果が得られます。一方、問題が何であるかわからない場合は、調査していくつかの診断を行い、問題の根底に到達することができます。

 

ディストリビューターの機能・役割

 

 イグニッションディストリビューターは、車のエンジンの重要な電気部品です。ディストリビューターはいくつかの機能を実行します。点火ディストリビューターの第一の機能は、点火コイルから適切なシリンダーに高電圧を分配することです。電圧は、キャップとローターのメカニズムの助けを借りて分配されます。

 

 コイルは、キャップ内で回転するローターに取り付けられています。ローターはディストリビューター内で回転し、対応する各シリンダーの各接点を通過します。ローターが接点の1つを通過して回転すると、コイルから電気パルスが分配されます。パルスはスパークプラグワイヤーを下ってそれぞれのシリンダーのスパークプラグまで続きます。これらの問題のいくつかは、無視すると車とドライバーの両方にとって危険な場合があります。これが、アクトジャパンの整備士が車の検査時に注意を払って作業する理由です。

 

ディストリビューターの交換方法

 

 ディストリビューターは、お持ちの車またはトラック固有の指定された製品です。それを交換するには、あなたの車に合ったものを入手する必要があります。車両のボンネットを開き、ディストリビューターキャップを見つけます。ディストリビューターキャップは、ネジまたはクリップでディストリビューターに取り付けられます。ディストリビューターキャップを取り付けます。

 

推奨事項

 

 ほとんどのサービスマニュアルによると、ディストリビューターの交換は最低でも80,000キロに設定されています。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!