キャビンエアフィルターの交換

ウイルス除去に忘れてならないものな~に?

キャビンエアフィルターの交換が必要であることを示す症状

 

  • 過度に汚染されたキャビンエアフィルターは、きれいなフィルターほど効果的に流入空気をろ過することができません。
  • キャビンエアフィルターの不良または故障のもう1つの症状は、車両の内部ベントから発生する異臭です。フィルターが過度に汚染されていると、ほこりっぽい、汚れた、またはかび臭い臭いがすることがあります。

キャビンエアフィルターを交換する効用

 自分と乗客の健康やウイルスが心配な場合は、キャビンエアフィルターの交換が非常に重要です。運転中は、目の前の車から出る排気ガスや花粉などの有害物質が、まるでトンネルの中を運転しているかのように車内に引き込まれます。あなたはかなりコンパクトな閉鎖空間にいるので、これらの物質の濃度はそれらが外にあるよりも6から10倍高くなる可能性があります。

 キャビンエアフィルターは、ご家庭の冷暖房システムのエアフィルターと同じように機能し、すべての有害物質をろ過します。汚れた、詰まったキャビンフィルターは、空気中のウイルス、アレルゲン、汚れ、ほこりを閉じ込めることができず、外よりも汚れた空気を吸い込むことになります。これは確かに誰にとっても健康的ではありません、

キャビンエアフィルターの機能・役割

 キャビンエアフィルターは、HVACシステムに対して、エンジンエアフィルターが車のエンジンに対して行うのと同じ役割を果たします。キャビンエアフィルターは、マルチファイバーペーパーコットンまたはその他のエンジニアリング素材で作られた小さなプリーツフィルターです。車室内に入る前に、外気がこのフィルターを通って導かれ、フィルター内の汚染物質をトラップし、車内への侵入を防ぎます。

キャビンエアフィルターの交換手順

  1. グローブボックスを開けて中身を取り出します
  2. 制限ストップアームを取り外します
  3. グローブボックスを離します
  4. 古いキャビンエアフィルターを取り外します
  5. フィルターチャンバーを清掃し、シールとガスケットを確認します
  6. 新しいキャビンエアフィルターを取り付けます
  7. グローブボックスを交換して固定します

推奨事項

ほとんどの自動車メーカーは、20,000〜30,000キロごとにキャビンエアフィルターを交換することを推奨しています。できればキャビンエアフィルターは年に一度交換するといいでしょう。

キャビンエアフィルターの交換サービスをスケジュールするには、アクトジャパンに連絡してください。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!