ブレーキマスターシリンダーの交換 

ブレーキ警告灯がたった今光った

ブレーキマスターシリンダーの機能

 

 ブレーキマスターシリンダーは、ブレーキフルードをリザーバーに保持するブレーキシステムの油圧部分です。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキマスターシリンダーハウジング内のプランジャーが前方に押し出され、加圧された液体がブレーキキャリパーまたはホイールシリンダーに送られ、ブレーキシステムが作動して車の速度が低下します。

 

 マスターシリンダーは、一次圧力システムと二次圧力システムの2つのセクションに分かれています。この安全システムはマスターシリンダー内に作製されているため、ブレーキシステムの半分が故障した場合でも、残りの半分は車両の減速に役立ちます。この安全性は、フロントブレーキとリアブレーキに分けられます。

 

マスターシリンダーの故障の兆候

 

 マスターシリンダーはゴム製のシールで構成されており、やがて劣化し、ブレーキフルードが内部でバイパスしたり、マスターの背面から漏れたりする可能性があります。ブレーキマスターが故障すると、ブレーキペダルが沈み、ブレーキ警告灯が点灯します。この状態では、車の停止能力が大幅に低下します。

 

 マスターシリンダー周辺のブレーキフルードの漏れを点検し、定期的に液面をチェックします。漏れがある場合は、すぐにマスターシリンダーを交換してください。マスターシリンダーのアクチュエーターロッドが遠くに調整されていると、ブレーキマスタープランジャーが完全に戻ることができず、ブレーキの残留圧力が発生してブレーキがロックされ、車が転がることができなくなります。マスターシリンダーとブレーキブースターまたはペダルロッドの間には、1.5mmのクリアランスが必要です。

 

 

 

ブレーキマスターシリンダーの定期交換時期

 

 ブレーキマスターには、ブレーキを踏むたびに使用されるゴム製のシールがあるため、この部分は通常の摩耗アイテムであり、運転習慣や急ブレーキやストップアンドゴーの運転状況などの条件に応じて、100,000〜150,000キロ持続します。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!