ブレーキ安全検査

止まらんかったら命に直結するけん?!

 ブレーキはどの車でも通常の摩耗アイテムであり、最終的には交換する必要があります。定期的なメンテナンスのために、少なくとも年に一度は車両のブレーキシステムをチェックしてください。徹底的な検査には、ブレーキライニングの摩耗、ブレーキフルードのレベル、ローターの厚さ、ホースとブレーキラインの状態、ブレーキとダッシュの警告灯、およびその他の潜在的なブレーキシステムの問題を検出するための試乗が含まれます。

 

 私たちの自動車整備士は、問題を診断し、見積もりを提供します。

 

 

ブレーキ安全検査とは何ですか?

 

 自動車整備士がブレーキ検査サービスを行うとき、あなたの車からタイヤを取り外し、徹底的な目視検査を行い、すべてのメーカーの仕様が満たされていることを確認するために特別な測定装置を使用します。ブレーキシステムが正常に作動しない原因となる危険がないことを確認します。あなたの安全は私たちにとって非常に重要であり、私たちはこれらのブレーキ検査とブレーキ修理サービスを非常に真剣に受け止めています。

 

ブレーキの安全検査はどのように行われますか?

 

 検査では、車の照明システムが正常に動作していることを確認します。車両の照明システムを視覚的に検査し、ヘッドライトの照準を測定します。また、ブレーキライト、方向指示器、クリアランスライトがすべて正常に機能していることを確認します。ブレーキシステムは、最適なパフォーマンスを確保するために定期的なメンテナンスが必要です。

 

 

何をチェックしますか?

 

私たちは、ブレーキの安全検査を可能な限り包括的にし、次のようなことをチェックすることを目指しています。

  • ブレーキフルードレベル
  • ブレーキフルードリザーバー/マスターシリンダー
  • ブレーキディスク/ローターのステータス
  • ブレーキパッドの状態
  • ブレーキラインの状態
  • ブレーキシューとドラムの状態(ドラムブレーキシステム上)
  • 電子スキャンツールを備えたABSシステム

車両がダッシュボードに警告灯を表示している場合は、高度なスキャンツールを使用して警告の原因を特定できます。


ブレーキの安全検査はいつ受けますか?

 

ブレーキに関しては、後悔するよりも安全である方が常に良いです。ブレーキシステムに不安がある場合は、車検に持ち込むことをお勧めします。

 

ブレーキコンポーネントの故障の一般的な兆候は次のとおりです。

  • エンジンまたはタイヤ周辺のブレーキフルード(薄くて透明な液体)の漏れ。
  • ブレーキング中の研削音またはきしみ音。
  • ブレーキペダルからの振動。
  • ブレーキ効果の低下。
  • ブレーキの安全性チェックと検査

 アクトジャパンでは、お客様の車両のブレーキシステムを徹底的に検査します。これにより、外出先での安全を確保できます。問題が発生した場合は、問題を解決する方法について質の高いアドバイスを提供します。お客様にご相談せずに修理を行うことはありませんので、あらかじめご了承ください。

 

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!