ブレーキフルードレベルを確認する

ブレーキチェックを疎かにする者は倍返しに遭うかも

 ブレーキシステムはあなたの車の最も重要な安全機能です。良好な作動状態を維持するには、ブレーキフルードのレベルの確認、ブレーキフルードの補充、ブレーキパッドとローターの交換などの定期的なメンテナンスを実行する必要があります。

 

 確認は非常に簡単でスピーディな作業ですのでご安心ください。ブレーキフルードのチェックが簡単で、5分もかからないことです。数か月ごとにチェックして、漏れがなく、ブレーキフルードリザーバーがいっぱいになっていることを確認する必要があります。

 

ブレーキフルードレベル確認とは

 

 ペダルを踏んだときにブレーキがスポンジ状になっていると感じる場合は、システムに空気が入っている可能性があります。空気は液体よりもはるかに圧縮性が高いため、足からの力がブレーキパッドに効率的に伝達されません。これだけでも、ブレーキシステムをチェックするのに十分な理由です。

 

ブレーキフルードレベルのチェックの手順

  1. 車のボンネットを開けて、ブレーキマスターシリンダーを見つけます。
  2. 液面を確認してください。
  3. ブレーキフルードのレベルが低い場合は、それを満たします。
  4. 液面が低い場合は、ラインを確認してください。

推奨事項

 

 ブレーキフルードのレベルが正しく行われていることを確認するには、難しいブレーキシステムに対処した経験のある専門の整備士に連絡してください。ブレーキフルードは塗装を腐食し、刺激を引き起こす可能性があるため、ブレーキラインで作業する場合は安全装置が必要になります。

 

ブレーキフルードレベルチェックが必要であることを示す症状

  • ボンネットの下にある、車両のマスターシリンダーにブレーキフルードリザーバーを配置します。
  • リザーバーの外側の最大線と最小線に対してブレーキフルードのレベルを確認します。
  • ブレーキフルードの色と透明度を調べます。古いブレーキフルードは濁った茶色/黒になる傾向があり、使用済みのモーターオイルのように見えます。暗いブレーキフルードは、ブレーキフルードのフラッシュを検討する必要がある良い兆候です。モーターオイルと同様に、ブレーキフルードは汚れや破片を拾うほど暗くなります。汚れがひどいほど、効果は低下します。

 殆どの車にはアンチロックブレーキシステム(ABS)が搭載されていますので、ブレーキフルードを確認する前にオーナーズマニュアルを参照してください。一部のABSシステムでは、液体リザーバーを開いて検査する前に、ブレーキペダルを約25〜30回ポンプする必要があります。

 

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!