車を正しくジャンプスタートする方法

あ~ぁ今朝からバッテリーが動かんやね

 自分が何をしているのかを知っていれば、車のジャンプスタートは簡単な作業です。ただし、バッテリーや車両の損傷を避けるために取るべきいくつかの予防措置があります。私たちのガイドに従ってどちらの車両にも害を及ぼすリスクなしに、車を正しくジャンプスタートしてください。

 

1.)2台の車両が接近していることを確認します。

 

 充電器の車両を、ジャンプスタートが必要な車両にできるだけ近づけます。2台の車両が互いに接触していないことを確認してください。

有毒な排気ガスを避けるために、ガレージまたは閉所でジャンプスタートを実行しないようにしてください。

 

 2.)両方の車両でイグニッションがオフになっていることを確認します。

ハンドブレーキをオンにして両方の車両をオフにすることで、バッテリーの負担を軽減します。両方の車両でラジオ、ヘッドライト、エアコン、室内灯がオフになっていることを確認してください。両方の車両は、パーク(自動)またはニュートラル(手動)にある必要があります。

 

3.)ケーブルを接続します。

 

 両方の車両のボンネットを開き、バッテリーを見つけます。

 

 バッテリー端子を逆にすると、バッテリーが損傷したり、爆発性ガスが発生したり、両方の車両の電子部品や配線が損傷したりする可能性があるため、リード線を正しく接続することが重要です。

 

ジャンプスタートキットを安全に使用する

 ジャンパーケーブルが接触しないように注意してください。直接短絡が発生し、ジャンパーワイヤーが溶けて、ジャンプスタート車両が損傷する可能性があります。経験が浅い、または不確かな場合は、ポータブルジャンプスターターを購入する か、整備士に相談することをお勧めします。

 

まず、赤いリード線を各バッテリーのプラス(+)端子に接続します。

 

 次に、1本の 黒いリード線を動作中のバッテリーのマイナス(–)端子に接続します。もう一方の黒いリード線を、フラットバッテリーを使用して車両の固体金属コンポーネント(アース)に接続します。ほとんどのエンジンの前面にある金属ブロックは、良いアースになります。

 

 放電したバッテリーのマイナス端子に黒いリード線を接続しないでください。これにより、電気火花が発生し、バッテリー内の水素ガスが発火する可能性があります。

 

 4.)充電済みのバッテリーで車を始動します。

 充電器車両を始動すると、不動のバッテリーへの電気の転送を開始するのに役立ちます。最良の結果を得るには、車両を5分間アイドリング状態のままにします。この後、(以前の)不動車両をテストします。問題なく起動するはずです。それでも始動できない場合は、スターターシステムに障害がある可能性があります。不動だったバッテリーを搭載した車両が走行したら、充電器の車両のエンジンをオフにします。

 

5.)ジャンパーケーブルを取り外します。

 アースからマイナスケーブルを取り外し、次に他の車両のマイナス端子から取り外します。この後、新しく充電された車両からプラスのケーブルを取り外し、次に充電器の車両を取り外します。

 

 

 

6.)新しく充電された車両を運転します。

 車両を完全に充電する最良の方法は、それを運転することです。運転してから30分以内に、バッテリーは車を再始動できるはずです。

 

将来この問題を回避する方法:

 

 車のバッテリーは、特にエンストすることが多い場合、時間の経過とともに充電が失われます。バッテリーの寿命を延ばし、ジャンプスタートを回避するには、次のことを行う必要があります。

  • 車のエンジンが作動していないときは、ステレオ、ヘッドライト、ACを慎重に使用してください。
  • 車両を降りるときはすべてのドアが適切に閉じられており、室内灯がオフになっていることを確認してください。
  • 車がオフの場合でも、バッテリーは時間の経過とともに消耗します。長期間車を使用しない場合は、バッテリーを外すことを検討してください。
  • 充電システムをテストしてください。

バッテリーの不具合に対応するアクトジャパン

 我々はバッテリーシステムを交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、最善のバッテリー診断サービスを行うことができます。私たちの整備士はバッテリー知識に経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。

 

次の地域のいずれかに住んでいますか?

粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけになれるかもしれません。 

  • 粕屋町 
  • 篠栗町 
  • 須恵町
  • 志免町
  • 久山町
  • 東区青葉
  • 東区土井
  • 東区八田

私達がお手伝いします。

 創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づいて、プロの目でメンテナンス計画の優先順位をアドバイスさせて頂きます。これにより、最も現実的で費用効果の高いお薦め整備プランを提案することができます。私たちは愛車のかかりつけ(カードクター)としてオーナーに寄り添った整備を進めて参ります。

ご安心下さい。

 アクトジャパンなら経験豊富な整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。
 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。

 
<a href="tel:0929382231">TEL 092-938-2231</a>

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!