空燃比(A / F)センサー交換

エンジンの調子が良くないよ、もしかして

 車両の燃料噴射システムは、80年代から従来の酸素センサーに依存していました。2000年代初頭、酸素センサーはより正確な空燃比センサーに取って代わられ始めました。空燃比(A / F)センサーは、より広い範囲で排気ガスの酸素含有量を測定します。従来の酸素センサーと同じように見えるA / Fセンサーはより多くのワイヤーを持っています。「ブロードバンドラムダセンサー」または「ラムダプローブ」とも呼ばれます。

 

 空燃比センサーは、触媒コンバーターの前のエキゾーストマニホールドまたはフロントエキゾーストパイプに取り付けられています。空燃比センサーの役割は、排気ガス中の酸素含有量を測定し、エンジンコンピューター(PCM)にデータをフィードバックすることです。空燃比センサー信号に基づいて、コンピューターは空燃比を最適なレベル(約14.7:1)に保つように調整します。

 

空燃比センサーの問題

 

 空燃比センサーの問題は一般的です。多くの場合、センサーが汚染されたり、単に故障したりします。一部の車では、センサー内部の発熱体が故障して、不具合の原因になっています。たとえば、多くのトヨタ車とホンダ車では、コードP0135は、センサー内の発熱体の故障が原因である可能性があります。この記事でA / Fセンサーの発熱体がどのようにチェックされるかをご覧ください。

 

 一部の車では、金属部品をこすった後、センサーの配線がショートする場合があります。たとえば、古いマツダアクセラでは、センサーワイヤーがブラケットにこすれてショートし、コードP0131が発生する場合があります。エンジンコンピュータは、空燃比センサー信号が予想範囲外であることを検出すると、エンジン警告灯を点灯します。

 

 空燃比に関連する最も一般的なOBDIIトラブルコードが記すP0131、P0134、P0135、P0133、P0031およびP1135。エンジン警告灯以外に症状として燃費の低下や軽微な運転性の問題に気付く場合があります。

 

空燃比センサー診断

 スキャンツールで空燃比センサーをチェックします。空燃比センサーは、設定されたトラブルコードのトラブルシューティング手順に従って診断されます。最初のステップは、関連するテクニカルサービス速報を確認することです。センサーヒーター回路の配線とコネクターを確認する必要があります。次に、トラブルコードに応じて、センサー信号をスキャンツールでテストする必要があります。

 

 スキャンツールの空燃比センサー信号はエンジンが回転すると、信号は「リッチ」にジャンプし、RPMが低下して燃料が遮断されると、センサーは「リーン」を示します。その後、信号は正常に戻ります。多くの場合、センサーは検査時に正常に機能する場合があります。この場合、断続的な障害の可能性を排除するために、整備士が空燃比センサーの交換を推奨する場合があります。

 

バンク1またはバンク2

 

 車では、空燃比センサーはセンサー1(上流、触媒コンバーターの前)、バンク1またはバンク2として指定されます。後部(下流センサー、触媒コンバーターの後)は常にセンサー2です。バンクという用語はシリンダーの列。ほとんどの直列4気筒エンジンには、バンク1という1つのバンクしかありません。

 

 2つの触媒コンバーター、V6、インライン6、V8、またはボクサーエンジンを備えた一部のインライン4気筒エンジンには、2つのシリンダーバンクがあり、各バンクには独自の空燃比センサー(センサー1)とリア酸素センサー(センサー1)があります。センサー2)。バンク1は通常、シリンダー番号1を含むものです。

 

 たとえば、TSB T-SB-0398-09のトヨタは、2GR-FE、1MZ-FE、3MZ-FE V6横置きエンジンで、バンクを指定しています。 1はファイアウォールに近いもので、バンク2は車両の正面を向いているものです。メーカーが異なれば、バンクの指定も異なります。確実に知るには、モデル固有のサービスマニュアルを確認してください。

 

空燃比センサーの交換

 

 空燃比センサーを交換する場合、優良部品や社外品を取り付けることを選択することがよくあります。しかし、社外品のセンサーが優良部品のセンサーをインストール後に問題を引き起こしているいくつかのケースに遭遇しました。価格が手頃な場合は、優良部品のセンサーを使用することが常に最初の選択肢です。優良部品センサーを使用するもう1つの理由は、製造後に発見された問題を解決するために、多くの場合、メーカーが部品の設計を更新し対応済みになっていることです。

 

 

空燃比(A / F)センサーの不具合に対応するアクトジャパン

 我々は空燃比(A / F)センサーを交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、最善の診断サービスを行うことができます。私たちの整備士は空燃比(A / F)センサーの知識が経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 

 

次の地域のいずれかに住んでいますか?

粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけ(カードクター)になれるかもしれません。 

  • 粕屋町 
  • 篠栗町 
  • 須恵町
  • 志免町
  • 久山町
  • 東区青葉
  • 東区土井
  • 東区八田
  • 東区蒲田
  • 東区名子
  • 東区みどりが丘 

私達がお手伝いします。

  創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づいて、プロの目でメンテナンス計画の優先順位をアドバイスさせて頂きます。これにより、最も現実的で費用効果の高いお薦め整備プランを提案することができます。私たちは愛車のかかりつけ(カードクター)としてオーナーに寄り添った整備を進めて参ります。

 

ご安心ください。

  アクトジャパンなら経験豊富な整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。

 

 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!