ダッシュボード警告灯

これだけ知っていれば警告表示も大丈夫です

 ダッシュボードの警告灯が非常に多いため、ドライバーが普遍的に尋ねる質問「この警告灯はどういう意味ですか?」は、ステアリングホイールの後ろに予告なしに表示される、新しく照らされたアイコンが何であるかがほとんどまたはまったくわかりません。

 

このガイドでは、最も一般的に認識されている6つのダッシュボード警告灯、それらの意味、およびそれらを見つけたときの対処方法について説明します。

 

 車載コンピューターはエンジン管理システムと呼ばれ、車のエンジン内外のセンサーと通信して、車のエンジンコンポーネントの安全な動作を保証するのはこのシステムです。また、排出量を削減し、燃費を向上させるのにも役立ちます。

 

  一部のダッシュボード警告灯は、特定のメーカーや車種に固有のものですが、ほとんどの場合、それらは普遍的であるか、全体的に非常に類似しています。あなたが見るかもしれない最も一般的なダッシュボード警告灯のいくつかを見てみましょう。

 

エンジン警告灯

故障表示ランプとも呼ばれ、通常は赤または濃いオレンジ色で点灯しますが、これは異なる場合があります。イグニッションをオンにすると点灯し、エンジンをオンにすると消灯します。

 

エンジンが作動しているときにまだ表示されている場合は、エンジン管理システムに不具合があることを示しています。これは、資格のある整備士ができるだけ早くチェックする必要があります。

 

運転中に点滅する場合は、高速や急加速を避け、すぐに助けを求めてください。

 

油圧警告灯

エンジン警告灯と同様に、イグニッションをオンにすると点滅し、エンジン自体を始動するとすぐに消えます。

 

そうでない場合で、出発しようとしている場合は、エンジンをオフにして、車のオイルレベルを確認してください。

 

オイルが少ない場合は、すぐに補充してください。ダッシュボードの警告灯がまだ点灯している場合は、最寄りの整備工場に支援を求めてください。

バッテリー警告灯

これは、イグニッションがオンになると点灯し、エンジンが正常に動作している場合はエンジンが始動すると消灯します。

 

まったく点灯しない場合は、バッテリー充電システムの障害により、バッテリーが充電されていません。

 

この警告灯が表示される原因は、カーバッテリーの端子の接続が緩んでいるか腐食していること、オルタネーターの故障、またはバッテリーの消耗が原因である可能性があります。車両が安全な場所にあることを確認し、できるだけ早く支援を求めてください。

 


ブレーキシステム警告灯

ハンドブレーキがオンのときは、ブレーキシステムのライトが点灯しているはずです。これが正しくなく、ハンドブレーキを取り外してもアイコンが点灯したままの場合は、ブレーキフルードのレベルが低い可能性があります。このためには、ブレーキフルードを必要なレベルまですぐに追加する必要があります。

 

ブレーキフルードを充填した後もアイコンが表示されている場合は、別の問題がある可能性があるため、地元の整備工場にサポートを依頼してください。

ABS警告灯

ABSはアンチロックブレーキシステムの略で、このスマートなシステムが車のトラクションを維持し、横滑りを防ぎ、激しいブレーキング時に車両の車輪がロックするのを防ぎます。

 

ABSに問題がある場合は、運転中にこのアイコンが点灯します。これはできるだけ早くチェックする必要があります。ABSライトは、エンジンを始動すると短時間点灯し、エンジンをオンにすると消えます。

 

通常、車両は通常のブレーキングが維持されており、運転しても問題ないはずですが、一部の車では、常にそうであるとは限りません。よくわからない場合は、車のハンドブックでアドバイスを確認し、すぐに車をチェックしてください。

 

パワーステアリング警告灯

パワーステアリングはあなたの車の非常に重要な部分であり、特にそれがスピードで起こるならば、その失敗は非常に危険である可能性があります。

 

運転中にダッシュボードのパワーステアリング警告灯が点灯していることに気付いた場合は、ステアリングが非常に重くなっていることに気付くと同時に発生する可能性があります。

 

これが発生した場合は、安全になったらすぐにプルオーバーすることを検討する必要があります。あなたがすることができるいくつかのチェックがあります、しかしそれらはあなたの車が持っているパワーステアリングのタイプに依存します。

 


クーラント警告灯

運転中にこのダッシュボード警告灯が表示された場合は、安全になったらすぐに車を止め、エンジンを停止してください。

 

この警告灯は、エンジンシステムが非常に高温で危険な状態にあり、自分自身と車の両方に深刻な損傷が発生する可能性があることを示しています。

 

エンジンをオフにしたら、エンジンが冷えるのを待って、利用可能なクーラントのレベルを確認します。

 

警告灯が表示される原因としては、クーラントシステムが詰まっている、何らかの漏れがある、またはクーラントが不足していることが考えられます。

タイヤ空気圧警告灯

このダッシュボード警告灯は、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)が、車両の1つまたは複数のタイヤの空気圧が低下したことを検出すると点灯します。

 

運転中にこれが発生した場合は、事故の可能性を減らすために直ちに行動を起こす必要があります。低圧のタイヤは車両の取り扱いに悪影響を与える可能性があるためです。

DPF警告灯

ディーゼルパティキュレートフィルターに問題があると、ダッシュボードのDPF警告灯が点灯します。

 

2009年以降に生産されたすべてのディーゼル車には、排気システムにDPFが取り付けられており、排出ガスの削減に役立ちます。

 

時折、このフィルターが目詰まりし、DPFシステムが故障し、警告灯が点灯することがあります。

 

問題を解決するために実行できる手順はいくつかありますが、無視するとより深刻な問題になる可能性があるため、できるだけ早く地元の整備工場で車両をチェックするようにしてください。


ダッシュボード警告灯に対応するアクトジャパン

 我々は不良箇所を交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、最善の診断サービスを行うことができます。私たちの整備士は不具合箇所の知識が経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 

 

次の地域のいずれかに住んでいますか?

粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけ(カードクター)になれるかもしれません。 

  • 粕屋町 
  • 篠栗町 
  • 須恵町
  • 志免町
  • 久山町
  • 東区青葉
  • 東区土井
  • 東区八田
  • 東区蒲田
  • 東区名子
  • 東区みどりが丘 

私達がお手伝いします。

  創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づいて、プロの目でメンテナンス計画の優先順位をアドバイスさせて頂きます。これにより、最も現実的で費用効果の高いお薦め整備プランを提案することができます。私たちは愛車のかかりつけ(カードクター)としてオーナーに寄り添った整備を進めて参ります。

 

ご安心ください。

  アクトジャパンなら経験豊富な整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。

 

 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!