悪いスタビライザーまたはリンクの 3 つの症状

車やトラックのスタビライザー (またはバー) の機能について説明します。

 

この部品について聞いたことがあるかもしれない他の用語には、スタビライザーバー、アンチスウェイバー、アンチロールバーなどがあります。

 

これらの用語はすべて、スタビライザーの目的と、車両の運転とハンドリングにどのように役立つかから派生しています。

スウェイバーとは?

スウェイバーは、クランプと非金属ブッシングで車のフレームに取り付けられた中実または中空のスチールバーです。

 

バーの両端は、それぞれバーの中心線に対してほぼ直角に対称的に曲げられ、短いリンクで車両のサスペンション要素 (たとえば、下部 A フレームまたはショック ストラット) に取り付けられます。これらのリンクについては後ほど詳しく説明します。

 

サスペンションが上下に動くと、リンクはサスペンションの動きに比例してバーをねじります。

スタビリンクとは?

前述のように、リンクはバーの端をサスペンションに取り付けます。

 

これらのリンクには、一般に、各リンクがバーの端部およびそれが取り付けられているサスペンションと接合することを可能にするエンドフィッティングが含まれています。

 

一部の設計では、リンクの端は、ゴム ブッシング タイプのフィッティングでバーに取り付けられます。

スウェイバーの目的

車を運転していると、コーナーの外側に車がロールする (傾く) ことを経験したことがあると思います。左折すると、車は右に傾きます。右に曲がる、左に傾く。

 

運転速度が速ければ速いほど、コーナーでの車の傾きが大きくなります。この動作は、極端でなくても、一般的に不快な場合があります。

 

また、傾斜とそれに伴うサスペンションの動きにより、各タイヤと路面とのアライメントが変化するため、車のハンドリングに悪影響を与える可能性があります。タイヤが左右に傾くと、舗装に対するグリップが低下します。車が曲がり角で大きく傾いていると、どのコーナーも非常に速く走ることはできません。

 

これらの不利なハンドリング効果は、適切に設計されたスタビライザーによって部分的に軽減できます。そして、現在製造されている自動車の大半には、これらの巧妙なデバイスが少なくとも 1 つ、おそらく 2 つ組み込まれています。1 つは前面に、もう 1 つは背面に配置されます。

 

バーと、それらが車とサスペンション要素にどのように合致するかは、次の効果があります。

 

ターンでは、車が傾くと、各スタビライザーがターンの外側にあるサスペンションに下向きの力を加えます。

 

そして、ターンの内側にあるサスペンションには、均等に上向きの力がかかります。この力の組み合わせはかなりの量になる可能性があり、コーナリング時に車をより水平な姿勢に維持するのに役立ちます。

 

適切に設計されたスタビライザーは、車が曲がるときの傾きやローリング効果をほぼ完全になくすことができます。

 

これは非常に顕著な利点です。そして、スタビライザーは、スタビライザーが存在しない場合よりもサスペンションを少しだけ硬くしながら、これを行います.

 

スタビライザーは、車のハンドリング特性に「ロール抵抗」と呼ばれる品質を追加します。そして、この品質は、車の両端のバーの剛性によって調整できます。

 

車の設計者は、ハンドリングの質を向上させるために、前から後ろへのロール抵抗を意図的に調整します。

 

これらはすべて車の所有者には見えませんが、車の反応の良いハンドリングとコーナーでのフラットな挙動は、ほとんどのドライバーにとって一般的に楽しく、自信を与えてくれます。

悪いスタビライザー リンクの症状

スウェイバーの取り付けで最も摩耗しやすい部品はリンクです。リンクが最終的に摩耗したときに気付く 3 つの主な症状を次に示します。

 

#1 - 回転時のノイズ

運転中、特にコーナーを通過するときに、低レベルのガタガタ音やガラガラ音が気になります。各リンクの端にあるセルフアライン フィッティングが緩んでいます。

#2 – バンプを越えるときのノイズ

上記の症状 1 に対処しないと、スタビライザー リンクがサスペンションまたはバー エンドから外れる可能性があります。これが起こると、車がバンプを乗り越えたときに大きなガタガタ音が聞こえます。

 

#3 – ハンドリングが悪化する

スタビライザーリンクが故障すると、車のハンドリングが低下する可能性があります。

 

バーが機能しなくなったため、コーナーを通過するときのリーンの量が著しく増加する場合があります。

 

ハンドリングのこの違いに気付くほど敏感ではないかもしれません. 上記のノイズは、最も明白な障害の警告サインです。

 

これらの症状は、できるだけ早く対処する必要があります。スタビライザーリンクが故障した状態で、車を数日間運転することができます。

 

コーナリング中はもう少し減速する必要があります。そして、必要な修理作業を遅滞なく完了する必要があります。

 

その他のスタビライザーの問題

スタビライザーは、硬質ゴムやウレタンなどの非金属材料で裏打ちされた 2 つのクランプを使用して、車のフレームまたは車体下部構造に取り付けられます。この素材は磨耗し、バーが緩む可能性があります。

 

走行中は時折ガタガタ音が発生しますが、特に荒れた路面ではガタガタ音が発生します。また、緩いバーは左右にスライドし、リンクがサスペンションの取り付けポイントとずれることがあります。これにより、可聴ガタガタ音が追加される可能性があります。

 

スウェイバーのリンクが悪くなる原因

スタビライザーのリンクは単に経年劣化します。

 

リンクには通常、リンクの内部部品への水や汚れの侵入を防ぐためのゴム製ブーツが付いています。

 

通常、このブーツは最初に故障し、次に道路の砂利と水がリンク ジョイントに入り込んで摩耗します。

愛車の不具合に対応するアクトジャパン

 我々は不良箇所を交換または修復し、できるだけ早く走れる状態に戻すことが優先事項であり、最善の診断サービスを行うことができます。私たちの整備士は不具合箇所の知識が経験豊富であり、私たちの蓄積された専門知識は、自信を持って道路に戻ることができるように、車両の問題を迅速かつ安全に診断できることを意味します。あなたの信頼とビジネスを獲得することを私達は楽しみにしています。 

 

次の地域のいずれかに住んでいますか?

粕屋町長者原、福岡インターチェンジからすぐのアクトジャパンはあなたにとって非常に便利な愛車のかかりつけ(カードクター)になれるかもしれません。 

  • 粕屋町 
  • 篠栗町 
  • 須恵町
  • 志免町
  • 久山町
  • 東区青葉
  • 東区土井
  • 東区八田
  • 東区蒲田
  • 東区名子
  • 東区みどりが丘 

私達がお手伝いします。

  創業100年のアクトジャパン、私たちの整備の基本はあなたの車についてヒアリングし、当面の状況と今後予定される所有期間に基づいて、プロの目でメンテナンス計画の優先順位をアドバイスさせて頂きます。これにより、最も現実的で費用効果の高いお薦め整備プランを提案することができます。私たちは愛車のかかりつけ(カードクター)としてオーナーに寄り添った整備を進めて参ります。

 

ご安心ください。

  アクトジャパンなら経験豊富な整備士がお答え致します。現在の症状がご心配なら 直ちに工場(福岡県糟屋郡粕屋町長者原東4-2-5)にお持ち込みください。

 

 自走でお持ち込めない場合も、ご心配なく。ご自分の「任意保険付帯サービス」をご確認下さい。カスタマーセンターへレッカー移動のご依頼だけで、安全に愛車を運んでくれます。

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!