診断

エンジン警告灯が点滅し、車が揺れている6つの理由
エンジン警告灯が点滅し、クルマが揺れる6つの理由について。車両のエンジン警告灯が現在点滅していて、顕著な揺れを伴う場合は、安全な目的地に到達するために必要以上に運転しないことをお勧めします。 前述のように、この性質の症状は、ほとんどの場合、エンジンの失火または 1 つまたは複数のシリンダーの部分的または完全な燃焼損失に関連しています。 これは、その後のパフォーマンスの低下を示すだけでなく、失火自体が修正されない場合、将来発生する可能性のある多くの二次的な問題を予見することがよくあります。そのような例の 1 つは、車の触媒コンバーターの損傷です。この損傷は、一般的にスパークが不足しているため、エンジンの排気ガスに過剰な燃料が導入されるたびに発生する傾向があります。いずれにせよ、車両の失火状態の根本原因を徹底的に診断し、早く修理しましょう。対象はトヨタ・ニッサン・ホンダ・ミツビシ・マツダ・スズキ・ダイハツ・スバル・ベンツ・BMW・VW・VOLVO・アウディ・FIAT・JEEP・カングー・プジョー

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!