エンジン、冷却、排気

ラジエター点検を見落すと命取り
冷却システムの排水と充填が必要であることを示す症状 車両下のクーラントプーリング 温度計は通常と高温の間で変動します 不凍液/クーラントの目に見える錆とスケーリング ボンネットの下から出る蒸気または熱いメープルシロップのような匂い エンジンエリアからの研削音

イグニッションワイヤーセットの交換
スパークプラグのワイヤーが古くなると、抵抗が生じ、以前のように電気パルスが伝達されなくなります。これは主に、接触腐食、およびワイヤの絶縁コーティングまたはジャケットの劣化が原因です。点火ワイヤーの絶縁コーティングにひびが入ったり破れたりすると、電気パルスがエンジンの他の部分にアークを発生させ、失火の原因となる可能性があります。

トヨタカムリ:エンジン警告灯の原因
トヨタカムリは、路上で最も耐久性と信頼性の高い車のブランドの1つであるという評判を長い間蓄積してきました。それでも、適切に保守または修理しないと、事故が発生しやすくなります。  カムリの所有者の間でよくある不満は、エンジン警告灯(チェックエンジンライト)が点灯する原因を中心に展開しています。熟練したアクトジャパンの整備士が、エンジン警告灯が点灯している理由と、問題に迅速に対処するために何をする必要があるかを説明します。

EGRバルブの交換
EGRバルブの交換が必要であることを示す症状 エンジンの部品に関するほとんどの問題と同様に、EGRバルブが適切に機能していない兆候は、エンジンがストールしたり、正常ではない音を出し始めたときです。車はあなたの車のエンジンに動力を供給するために排出物の再利用を扱っているので、あなたはおそらくあなたの燃料効率の低下を見るでしょう。

エンジン警告灯点滅 
ECUとは何ですか? エンジンインジケーターを確認する さまざまなタイプのチェックエンジンインジケーター 現代の自動車には、多数の膨大な数の電子制御ユニット(ECU)があります。 エンジンにはエンジン電子制御ユニット(またはエンジンコンピューター)があり、点火時期、燃料噴射、排出ガスなど、エンジンのあらゆる側面を制御するように設計されています。

ディストリビューター交換
ディストリビューター交換の際に注意しておくこと  ディストリビューターを交換する際に、スパークプラグとスパークプラグワイヤーの走行距離がかなり長い場合、新しいディストリビューターを取り付けると同時にこれらのコンポーネントを交換すると、最良の結果が得られます。一方、問題が何であるかわからない場合は、調査していくつかの診断を行い、問題の根底に到達することができます。

ファンシュラウドの交換
一見すると、冷却ファンシュラウドは、ファンブレードが回転しているときにファンブレードに触れないようにするための純粋な安全機能のように見えます。ファンシュラウドは保護機能を実行しますが、それだけまたは主な目的ではありません。冷却ファンは、ラジエーターと空調コンデンサーを通る余分な空気の流れを提供するために作動し、エンジン冷却液と空調冷媒から熱を取り除きます。  冷却ファンシュラウドがないと、ボンネットの下のすべての方向に空気が拡散し、効率が低下します。冷却ファンシュラウドを取り外すと、エンジン冷却の効果は約半分になります。冷却ファンシュラウドにひびが入ったり、損傷したり、なくなったりすると、エンジンが過熱し、空調システムの動作効率が低下する可能性があります。

アイドルコントロールバルブ交換
アイドルコントロールバルブ交換時期の兆候  燃料噴射式車両のエンジン後部にあるスロットルボディの下部ハウジングにボルトで固定されたアイドルコントロールバルブは、エンジンのアイドリング速度を上げます。アイドリング中、エンジンはエンジンと他の補助自動車部品を動かし続けるのにちょうど十分なパワーを生み出します。車両のコンピューターが、アイドル状態でエンジンがスムーズに作動するためにより多くの電力が必要であることを感知すると、コンピューターはアイドル制御バルブを開きます。