ブレーキとトラクションコントロール

ブレーキ踏んでキャーキャー泣いたら危険信号
ブレーキキャリパーの交換が必要であることを示す症状 ブレーキフルードの漏れ ブレーキペダルが柔らかく感じる 停止時の高音 車が左または右に引っ張る ブレーキキャリパーの交換が必要かどうかを確認する主な方法はホイールを取り外すことです。 ブレーキキャリパーの交換方法は?  ホイールと古いキャリパーを取り外した後、特別なツールを使用してピストンを新しいキャリパーに完全に圧縮します。ブレーキラインが新しいキャリパーに取り付けられ、新しいブレーキパッドが取り付けられると、ブレーキホースの締め付けを含め、すべてがしっかりと固定されていることを確認します。

ブレーキフルードレベルを確認する
ブレーキフルードレベル確認とは  ペダルを踏んだときにブレーキがスポンジ状になっていると感じる場合は、システムに空気が入っている可能性があります。空気は液体よりもはるかに圧縮性が高いため、足からの力がブレーキパッドに効率的に伝達されません。これだけでも、ブレーキシステムをチェックするのに十分な理由です。

ブレーキ安全検査
自動車整備士がブレーキ検査サービスを行うとき、あなたの車からタイヤを取り外し、徹底的な目視検査を行い、すべてのメーカーの仕様が満たされていることを確認するために特別な測定装置を使用します。ブレーキシステムが正常に作動しない原因となる危険がないことを確認します。あなたの安全は私たちにとって非常に重要であり、私たちはこれらのブレーキ検査とブレーキ修理サービスを非常に真剣に受け止めています。  

ブレーキマスターシリンダーの交換 
マスターシリンダーの故障の兆候  マスターシリンダーはゴム製のシールで構成されており、やがて劣化し、ブレーキフルードが内部でバイパスしたり、マスターの背面から漏れたりする可能性があります。ブレーキマスターが故障すると、ブレーキペダルが沈み、ブレーキ警告灯が点灯します。この状態では、車の停止能力が大幅に低下します。マスターシリンダー周辺のブレーキフルードの漏れを点検し、定期的に液面をチェックします。漏れがある場合は、すぐにマスターシリンダーを交換してください。

ブレーキ安全検査
ブレーキはどの車でも通常の摩耗アイテムであり、最終的には交換する必要があります。定期的なメンテナンスのために、少なくとも年に一度は車両のブレーキシステムをチェックしてください。 ブレーキの安全検査が必要であることを示す症状 ブレーキをかけるときに車が片側に引っ張られる ブレーキライトが点灯 運転中の焦げ臭 液漏れ ブレーキング時のぐらつき、振動、擦れ スポンジ状またはソフトブレーキペダル きしむ音、きしむ音、またはきしむ音

パーキングブレーキスイッチ交換
車両のパーキングブレーキをかけたが、ダッシュボードのライトが点灯しない場合は、パーキングブレーキのライトスイッチが壊れている可能性があります。ステップオンパーキングブレーキを使用している場合、このスイッチはダッシュボードの下にあります。一方、ハンドスタイルのパーキングブレーキを使用している場合は、このスイッチはセンターコンソールアセンブリの下にあります。

パーキングブレーキケーブル交換
パーキングブレーキケーブルの交換が必要であることを示す症状 パーキングブレーキ警告灯が点灯しています。 パーキングブレーキは傾斜のある道路で車を止めておくことが出来ません。 パーキングブレーキが解除されません。  パーキングブレーキケーブルは、ブレーキの機械的コントロールアセンブリに関連し接続されています。車を傾斜面で静止させておくには、パーキングブレーキが機能している必要があります。

バッキングプレート交換
季節ごとのメンテナンスで定期的に車両をチェックしてください。あなたは惰性で知らず知らずのうちにだんだんブレーキの効きが弱くなっていくブレーキング動作に慣れているかもしれません、しかしアクトジャパンの整備技術者はあなたの車がはるかに良くすることができるかどうか、あなたに知らせることができます。今日サービスの予約をしてください!

アクトジャパン株式会社

 

【整備部門】営業時間

平 日: 08:40~18:00

第3日曜:09:00~17:00 

 

住所: 〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 

TEL:092–938–2231

 

Mail:actjapan@gmail.com

タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット!交換工賃・値段は全国統一!

緑の看板が目印です!